FC2ブログ

デーモン閣下は英語が上手い

デーモン小暮がラリー・キング・ライブに出演したときの動画を見つけたよ。
子供の頃にアメリカに住んでただけあって、英語が上手いね。

にほんブログ村 にほんブログ村
スポンサーサイト



Oxford English video

イギリス英語のいい教材を見つけたよ。
相当やさしいから、このレベルではあのTOEICのイギリス人ナレーターを
克服するのは難しいと思うけど、千里の道も一歩からだよ。

にほんブログ村 にほんブログ村

【動画】エマ・ワトソンの映画でTOEIC対策しよう

エマ・ワトソンでブリティッシュ英語のリスニング練習をする動画を見つけたよ。
これであのイギリス人ナレーターの対策をしよう。

にほんブログ村 にほんブログ村

TOEICが放った刺客

リスニングテストの新しいイギリス人女性ナレーターは
聞き取りにくいって話題になってるね。
たしかに相当聞き取りづらいよ。

この人の発音を聞き込んで練習すればいいと思うんだけど
自分が知ってる範囲では、「公式問題集5」のTEST 2しか
手に入る音源がないよ。

にほんブログ村 にほんブログ村

第235回TOEIC受験報告

第235回TOEIC公開テストを受けてきたよ。
前回のスコアが悪かったから、今回は完全に満点だけを狙いに行ったよ。

ところが、試験開始と同時に自分のひとつ後ろの席の人が
2~3秒置きに大音量で鼻水をすすり出したよ。
しかも試験開始から最後までずっと。

その音があまりにうるさくて、リスニングのパート1だけで
6問中5問聞こえなかったよ。

パート1だけで5問も落としたらリスニングで満点は無理だから
今日のテストでの総合満点は諦めて
リーディングだけ満点狙いに行くことにして
リスニングはパート1の時点で捨てたよ。

その時点ですぐにリーディングの問題を解き始めれば有利だったんだけど
TOEICのルールではリスニングの時間にリーディングを解いちゃダメ
って決まりになってるから、待ったよ。
反則してリーディングで満点取っても意味がないからね。

そしてリーディングの時間になったんだけど
後ろの席の人の鼻水すすり大音量攻撃は全く収まらなくて
全然集中できなかったよ。
パート5の最初のほうは頑張ったんだけど
鼻水をすする音がうるさすぎて結局リーディングも断念したよ。

今日は満点を取りに行ったのに、多分スコアは2ケタだと思う。
本当にお金と時間を無駄にした回だった。

にほんブログ村 にほんブログ村

TOEIC当日の持ち物

・受験票
・鉛筆(またはシャープペン
・消しゴム
・受験票に貼る写真(裏に名前と受験番号記入
・身分証明書(2020年4月から社員証ではダメらしい
・時計
・会場までの道に不安があれば地図かスマホ

受験票を忘れても受験できるそうだけど、
手続きが必要になるから、やっぱり持って行ったほうがいいね。

にほんブログ村 にほんブログ村

【動画】TOEIC前日当日の過ごし方

TOEIC満点講師で有名な森田鉄也さんが
「TOEIC前日当日の過ごし方」って動画を上げてるよ。
その中に出題形式確認っていうのもあるんだけど、
試験前日まで出題形式を確認してない人っているのかな。
考えてみたら、試験当日に遅刻してきた上に
受験票に写真まで貼ってない人もたまにいるから、
出題形式を知らずに受けに来る人もいるのかもしれないね。

【TOEICネタ】theatre、metre

TOEICには、theatre、metreなど、イギリス式に綴った単語が割と出て来る。

にほんブログ村 にほんブログ村

TOEICマニアになりたい

英検の英文なら、面白いトピックとか勉強になるものがあるよね。
でもTOEICの英文は架空の会社の広告とか社内メモだから
基本的に面白くない。
だから問題を解いていても相当苦痛だよ。

でもTEX加藤さんぐらいになると、そんなTOEICをすごく
楽しんでるように見えるね。
TEXさんの本を読んでると、TOEICにまつわるいろんな小ネタが
出て来るもんね。

あそこまで好きでいられたら、ずっと満点を取ってるのも尤もだと思う。
TEXさんは苦しみながら勉強しているというより、楽しんでるんだと思うよ。

だから自分もTOEICマニアになって楽しめる域に達したい。

とりあえず今日のTOEICネタ。
公式問題集のオーストラリア人男性ナレーターはadvertisementを
アドバーティスメントと発音する。

にほんブログ村 にほんブログ村

書いても書いてもにほんブログ村には反映されない

記事を書いたら瞬時ににほんブログ村に反映される人が大半なのに
このブログはいくら書いても載せてもらえないよね。
どうしてなんだろう。
一応、こいつだけはダメだっていうスクリーニングがあるんだろうね。
にほんブログ村 にほんブログ村